おねしょと夜尿症について

小さい子どもが寝ているときにおしっこをしてしまうことをおねしょと言いますよね。

それと同じくして、夜尿症という言葉を聞いたことはありませんか?

簡単に言ってしまえば、おねしょと夜尿症は同じものなのです。

では、おねしょと夜尿症を別けるポイントはどこにあるのかと言いますと、年齢にあります。

画像の説明

幼児期である小学校に入学する以前のものをおねしょと呼びます。


画像の説明

小学校以降の年齢となっても寝ているときに無意識のうちにおしっこをしてしまうことを夜尿症と呼ぶのです。

小学校にあがる年齢である6歳以降になっても、おねしょが治らないのであれば、薬などを使って治療をしていく必要があります。夜尿症は病気でもありますので、適切な治療を行って改善していくようにしましょう。

そもそもおねしょをしてしまうというのは、身体の生理的な発達と密接に関わっているものです。2~3歳頃になる頃から、膀胱は発達し、おしっこを溜めることのできる量も少しずつ増えていきます。4~5歳になる頃には、膀胱の発達も一段落し、安定してくるのです。ですので、およそ8割ほどの子どもはおねしょをしなくなってくるのです。

この年齢になっても、毎日おねしょをしてしまうのであれば、身体の生理的な発達が遅れていると考えてもいいかもしれません。小学校にあがる年齢となってもおねしょを繰り返してしまう子どもはおよそ全体の1割ほどであるとされています。このおねしょが続いてしまう原因としては、遺伝的な要因が強いとも言われており、小学生になってもおねしょが続いてしまう時には、医療機関で相談して治療していくようにしましょう。