おねしょと発達障害について

おねしょが毎日のように続いて不安になっている方も多いようです。おねしょの原因の1つに発達障害が挙げられると言われていますが、子供の発達障害とおねしょにはどのような関係があるのでしょうか?

画像の説明

子供がおねしょをしてしまうのは、内分泌系や神経の発達障害が原因である場合が多いと言われています。よって、ある程度年齢が大きくなってくると身体の様々な器官が発達して、おねしょをする子供の割合が低くなってきます。

また、膀胱が未発達の場合にも尿を溜めきれずに失禁してしまう原因となります。

おねしょがいつまでも治らないとどうしてもあせってしまったり、叱ってしまうこともあるでしょう。しかし、これらの行動が子供に不安を抱かせる原因となり、おねしょが治りにくくなってしまうことも多いようです。

よって、おねしょの生活指導で3原則と言われている、起こさず、あせらず、怒らずをできるだけ守り、ある程度年齢が大きくなれば発達障害も克服されおねしょも自然に治ると認識することがとても大切です。

水分補給の方法や塩分を控えた食事、夕食を摂る時間などを工夫することでも改善を早めることができます。

また、点鼻薬を使っての治療で改善される場合も多いようですから、医師に相談されてみることをおすすめします。

遺伝的な発達障害などがある場合には、状況に合わせた治療法を医師の指導のもと行われるとよいでしょう。

身体が冷えることでもおねしょをしてしまう場合も多いようですから、夏場はクーラーの使用を冬場は衣類や寝具の工夫をされることもとても大切なことです。

丸洗いができる寝具を使えばいつでも清潔を保つことができておすすめです。