おねしょの再発を防ぐには

おねしょが改善してしばらくたってからまた再発してしまうこともよくあるようです。このおねしょの再発を防ぐにはどのような対処が必要なのでしょうか?

画像の説明

おねしょの再発で一番多いのが、薬を使った治療法のようです。薬を使っている時にはおねしょが改善し、失禁するのがなくなりますが、薬をやめたとたんにおねしょが再発してしまうのです。

薬での治療は手軽に始められることや即効性に期待ができることから、薬を使う人が多いようですが、副作用として再発があります。これを防ぐには、2~3ヶ月ほどかけてゆっくりと薬の量を減らすことが大切だと言われています。

薬の量が減らしただけでは効果が薄くなってしまうので、生活指導や行動療法によってフォローをすることが必要です。

薬の量や生活指導などの内容は医師の指示に従いながら行うようにしましょう。また、薬によってはむくみや嘔吐、けいれんなどの副作用があらわれるものもあるようですから、必ず医師に相談し、体質にあったものを選び、慎重に治療を受けるようにしましょう。

子供のおねしょの場合は、年齢がある程度大きくなるにつれ、膀胱などが発達してくるので尿をある程度我慢できるようになると言われています。時間が解決してくれる場合も多いようですから、あせらずにじっくりと治すようにすると良いでしょう。

くれぐれも叱ったり、文句を言ったりしないように注意して、プレッシャーをかけないようにすることもとても大切です。