おねしょ後の布団のお手入れ

夜尿症やおねしょをした後は、布団をどうやって洗えばよいか悩みますよね。

習慣化していると、頻繁に洗う必要があります。

おねしょ部分は、ぬるま湯を付けて尿を流すだけでも十分効果があります。何度かぬるま湯を掛け、尿を洗い流し、臭いが消えるまで続けてみましょう。タオルで叩いたり、おねしょ部分を踏みながらぬるま湯を掛けるとより効果的です。

画像の説明

全て洗い流れ臭いも気にならなくなったら、あとは乾くまで外で干すと良いでしょう。

もし天気が悪く外干しが出来ない場合は、布団乾燥機やドライヤーを使う事で対処できます。

また、尿を流す時はお湯では無くぬるま湯で行う事がポイントです。70度以上のお湯で洗い流すと、尿が固まってしまいなかなか落ちなくなってしまいます。

重曹、クエン酸を使って洗う方法も効果的です。

おもらしをして間もない尿であれば、重層を振りかけると勝手に尿を吸収してくれるでしょう。その後は重曹を払い落とすと尿のにおいも消え、綺麗な状態に戻る事が出来ます。

クエン酸を使う場合は、水でクエン酸を溶かし、スプレーを作っておくと良いでしょう。尿の部分にクエン酸で溶いた水をプッシュする事で、臭いを改善する事が出来ます。

その後、タオル等で水分を拭き取るだけで十分綺麗な状態に戻るのです。

クエン酸は100円均一等で購入する事が出来、とても高い効果を発揮してくれるのでお奨めです。

この様に、おもらしした布団は全部を洗わなくても部分的に綺麗にするだけで十分なのです。