アラーム療法とは

アラーム療法とは、夜尿症改善方法の中でも良く使われるグッズです。

多くの夜尿症改善方法は、自宅で出来る簡単なものが多いでしょう。しかし、夜尿アラーム療法は、アラーム療法と言うグッズを購入して実践します。

画像の説明

これは、眠っている間に尿が漏れた場合、尿漏れを感知してアラームを鳴らす仕組みになっています。専用のアラームは、水分を感知しアラームを鳴らしてくれます。

アラーム療法によって形状は違う事もありますが、アラーム部分の裏面がクリップやマグネット方式になっていて、寝間着の襟もとに装着する事が出来るようになっています。

アラーム部分をしっかりと固定したら、センサー部分をパンツ等に挟み込みます。

おむつを付けている場合は、おむつ部分に装着しても良いでしょう。出来るだけ、尿がしみこみやすい部分にセンサーを付ける必要があります。

また、もし紙おむつ等で眠っている場合はセンサーをガーゼ等の布に取り付けると良いでしょう。おむつはすぐに尿を吸収してしまうので、センサーが反応しない可能性があります。ガーゼ等に挟み込む事で、正確にセンサーを起動する事が出来るでしょう。

尿漏れを感じてアラームを鳴らす事で、夜間に排尿をしたと言う事を子供が知る事が出来ます。

尿を感知して自分で起きる事により、夜尿をする前に自分で起きる力を身に着ける事が出来るのでは無いでしょうか。