便秘と夜尿症の関係

子供から大人まで夜尿症に苦しむ方が年々増えているようですが、便秘と夜尿症には何か関係があるのでしょうか?

画像の説明

便秘がちな人が夜尿症でも苦しんでいるというケースは意外と多いようです。便秘をすると、腸内に宿便が溜まり膀胱を圧迫してしまうので膀胱の容積が減り夜尿症になりやすくなると言われています。実際に、便秘の薬を使って排便を促すようにしたら、夜尿症も改善されたという例もあるようです。

また、便秘の原因として冷えが挙げられますが、冷え性は夜尿症の原因にもなります。よって、身体を冷やすことは排便や排尿にも影響があるので注意が必要です。便秘と夜尿症でお悩みで専門医に相談される際には、必ず検査を受けて冷え性が原因となっていないか確認されることをおすすめします。

体を冷やさないようにするためには、食べ物に気をつけたり、半身浴などをしてできるだけ身体を温めるようにする、冬場は寝具も湯たんぽや電気毛布などで温めるようにする、夏場はクーラーなどで部屋の温度を低くし過ぎないようにするなどの対策が挙げられます。冷え性を克服することで、便秘や夜尿症を改善しやすくなります。

山芋やにら、かぼちゃ、くるみ、しょうがなどの身体を温める食べ物を毎日の食生活に積極的に取り入れることも、冷え性予防にはとても効果的だと言われています。

また、便秘には食物繊維もとても大切ですから根菜類を中心とした食事で、便秘を解消しながら、夜尿症も改善されてみてはいかがでしょうか?