画像の説明

夜のおむつはいつまでしてもいいの?


画像の説明

子供が嫌がらなければ、おむつは使用しても良いのですが、子供が嫌がった場合はおねしょパンツなどを使用するように工夫するとよいでしょう。

夜のおむつは何歳までつけておけばいいのか分からない人もいるでしょう。何歳までにとらなくてはならないというルールはないのですが、早い場合は3歳くらい、平均をすると4歳くらいには、子供の膀胱も成長してくるので、夜おむつをしなくても大丈夫なのですが、中には小学校低学年になっても、夜におむつをして寝ている場合もあります。

これは子供の成長やおねしょの頻度を見ながら考えるようにするのが良いのですが、子供もある程度成長してきたら、もうおむつをしたくないと考える子もいるでしょう。

それでも、おねしょをしてしまう頻度が多いのであれば、おねしょパンツを履かせて寝させてあげるようにしてください。

おむつをせずに寝るようになって、しばらくは定期的におねしょをしてしまうということもあります。ですが、ここで叱るのではなく、少しずつ子供におむつをしない環境に対応できるようにサポートをしてあげるようにしてください。

そうすれば、徐々に子供もおしっこをしたくなったら起きるようになっていき、おねしょをしなくなるでしょう。

すぐに子供に適応させようとしても、無理な話ですから、長い目で見てあげるようにしてください。

それでもおねしょが一向に改善されないのであれば、腎臓・肝臓・膀胱の機能が悪いか、ホルモンの分泌量が少ない可能性もあります。

これは素人ではわからない事ですから、一度子供を泌尿器科に連れて行ってあげて、異常なところはないか検査してもらうことをお勧めします。