夜尿は学童期は男子、青年期は女子に多い

夜尿というのは学童期は男子に多く青年期は女子に多いとされています。

画像の説明

学童期は女性の方が体の成長が早く、男性のほうが成長が遅いですので、男子のほうが夜尿をしてしまいやすいのです。

ですが、青年期を迎えると、男性の方が体が大きくなり、20~25センチほどに尿道も成長をしていくことになります。さらに、男性の場合は尿道が曲がっている状態となっていますから、夜尿をしにくい体になるのです。

ですが、青年期を迎えても女性というのは、尿道の長さが平均して4センチほどしかなく、しかも膀胱から直線状に尿道が伸びているため、夜尿をしやすい体となっているのです。

さらに青年期で出産をした女性というのは、特に夜尿になりやすくなります。出産をしたことで、骨盤底と人体にダメージを負うことになり、尿道の力が弱まってしまい、尿を我慢しにくくなってしまうのです。

これが青年期の場合は女性のほうが夜尿になりやすいといわれる要因となっているのです。

画像の説明
さらに女性というのは、男性よりもストレスや重圧に弱く、精神的に負担が大きくなってしまうことが原因となってしまって夜尿症になることも多いのです。

現在、女性で夜尿に悩んでいるのであれば、病院で治療を受けましょう。

夜尿も治療をしっかりとしてもらうことによって、解消させることも可能となります。

また、夜尿をしていることで悩んでいると、それがストレスを増幅させることになってしまいますから、気を軽くして必ず治るんだと言い聞かせるようにしながら治療を行うようにしてください。