夜尿症と糖尿病について

夜尿症は子供だけではなく、成人後でも発症することがあると言われています。その主な原因の1つに糖尿病が挙げられるようですが、どんな理由で夜尿症になってしまうのでしょうか?

画像の説明

高血糖が続く病気である糖尿病ですが、主な症状の1つに多尿になることが挙げられます。また、のどがやたらと渇くことから糖尿病の人は水分を大量に摂る傾向があります。水分を多く摂取し、血中のブドウ糖が過剰なため、それを薄めるために大量の尿が作られることから、夜尿症となってしまうケースがとても多いのです。

最近では成人の方だけではなく子供の糖尿病も増えているようです。よって、夜尿症が続く場合には、専門医で検査を受けることがとても大切です。夜尿症の原因をはっきりさせ、適した治療を受けることが夜尿症を早期に改善する方法です。


糖尿病は完治しない病気だと言われていますが、生活習慣や食生活を見直して、規則正しい生活をすることを継続することで、血糖をコントロールすることができると言われています。高血糖にならないようにすると、多尿の症状も出にくくなりますから、夜尿症も治まりやすくなると言えるでしょう。


夜尿症はストレスとなりやすく、精神的に参ってしまいやすいと言われています。そして、悩めば悩むほど治りにくいという悪循環にもなりますから、まずは食生活の見直しをして、血糖をコントロールすることに努め、適度な運動で筋肉をつけて血糖値の上がりにくい身体作りなどをされてみてはいかがでしょうか?