夜尿症と遺伝について

夜尿症は遺伝性がとても強い病気だと言われています。子供が夜尿症なのは、9割程の確立で遺伝の可能性が高いでしょう。

両親のどちらかが夜尿症だった場合は、子供も夜尿症になる可能性があります。

また、両親だけでは無く祖父母や親戚等から影響する可能性も有ります。親戚まで含めますと、実に9割以上の確率で遺伝してしまうそうなのです。

画像の説明

両親ともに夜尿症で無かった場合は、子供が夜尿症になる確立は1割強だと言われています。しかし、片親が夜尿症であった場合は5割弱の確率で、両親ともに夜尿症だった場合は8割程の確立で遺伝子してしまうでしょう。



しかし、遺伝だからと言ってそこまで悩む必要もないでしょう。

遺伝性の病気は、一生掛かり続ける病気は少ないと言われています。特に夜尿症は、様々な改善方法があります。夜尿症であったとしても、生活習慣の改善や意識的な問題、薬等のお蔭で改善する子供がほとんどです。大人になってまで夜尿症に悩まされるという子供はほとんどいないのではないでしょうか。

遺伝だからと言って余り気にする必要はないでしょう。

子供の夜尿症は、膀胱の容量が未発達の場合や、性格面で大きく左右されます。

膀胱の容量は分かりませんが、性格と言う物は遺伝しやすいですよね。神経質であったり、内にため込む様な性格を遺伝して引き継いでしまった場合は、夜尿症になる確率も上がってしまいます。

だからといって、余りプレッシャーを掛けてはいけません。いずれは改善する物だという気持ちで、余り深く考えずに夜尿症を改善して行きましょう。