夜尿症と遺尿症の違いは

子供に関する悩みで多いと言われているのが、夜尿症と遺尿症ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

画像の説明

夜尿症とは、子供が5、6歳になっても眠っている時に無意識におしっこをしてしまうことを言い、おねしょとも呼ばれています。

一方、遺尿症とは尿が不随意に,または無意識に排出される状態のことで、日中でもおしっこをもらしてしまうことが遺尿症です。

夜尿症や遺尿症の原因には、身体の発達やホルモン分泌、体質、生活習慣などが挙げられます。

特に年齢が低い場合などには膀胱機能が未発達であるためにおしっこを我慢できないことが理由となることが多いようです。

また、おねしょをしたことを叱られたりすることで、それがストレスや不安となってなかなか治りにくくなる場合もあるようですから、少し注意が必要です。

夜の水分摂取量や摂取時間などに気をつけて、夜中にトイレに何度も起こさないようにし、早く治そうとあせらないことが夜尿症や遺尿症の改善のポイントだと言われています。年齢が大きくなるにつれて自然に治ることもあるそうです。

じっくりと原因を探して、時間をかけて治すようにしましょう。また、おねしょをしなかった日は、少し大げさなくらいほめてあげることがとても大切です。

こんな話があります。夜尿症がなかなか治らない子供に、「明日おねしょをしたら100円あげるよ。」と優しく言ってから寝かせました。初め子供は不思議そうな顔をしましたが、にっこりと笑って安心したようによく眠ったそうです。そして、翌朝ふとんをみたら、シーツが濡れていません。おねしょをしてはいけないという束縛から子供が解放されたことで、おねしょをしなくなったそうです。

もしかすると、夜尿症や遺尿症の原因は精神的なものが多いのかもしれませんね。

ぜひ、お子さんにこれを試してみてはいかがでしょうか?