夜尿症の原因をみつけるための検査とは

4~5歳を過ぎ、週3回以上のおねしょがある場合、夜尿症と診断されます。夜だけではなく、昼間も失禁がある場合などもあり、悩んでいる人もとても多いようです。

夜尿症を治すためには原因を見つけることがとても大切です。夜尿症の原因を探すためには実際にどのような検査が行われるのでしょうか?

画像の説明

夜尿症の検査は、主に尿検査、腎臓と膀胱の超音波検査、MRIや血液検査などが行われます。検査を受ける人の年齢やおねしょの頻度などによって医師がどのような検査をするのか決めます。

原因をしっかりと確認したうえで、適切な治療を受けましょう。検査結果によっては薬物療法、アラーム療法などで治療が行われる場合もあるようです。

子供の夜尿症は、中学生や高校生ぐらいになるとほとんどの場合治ると言われ、およそ95%は膀胱の未発達が原因とされていますから、時間が解決してくれるはずです。その時、あせってしまったり、叱ってしまったりすると治るのが長引いてしまうと言われていますから注意が必要です。

まわりの人よりもショックなのは本人です。よって、おねしょをしなかった日にはたくさんほめてあげたり、明日の朝おねしょをしてしまっても大丈夫と伝えてあげることで子供は安心して眠ることができます。

心理的なことがおねしょの原因となる場合も多いようですから、適切な対応をとるようにしましょう。

家族とのコミュニケーションを増やすことでも子供の情緒が安定すると言われています。家族みんなで夜尿症と向き合ってみることがまずは解決の初めの1歩なのかもしれません。