夜尿症の子供との接し方

夜尿症の子供を持つと、不安が募ってしまう方も多いでしょう。治らなかったらどうしよう、この年代で夜尿症は恥ずかしい等と思ってしまうかも知れませんね。

けれども、親が焦ってはいけません。

夜尿症改善の為には、親は起こさない・叱らない・焦らないの3つが大切だと言われています。

夜尿をすると、ついつい起こしてしまう親御さんもいらっしゃるでしょう。しかし、眠っている子供を夜間に起こすと言う事は、子供のホルモンの分泌が悪くなり、成長に影響をします。また、夜間にゆっくりと休む事が出来なくなると言われています。

もし夜尿に気付いたとしても、朝まで起こさない事が大切です。

叱らない、焦らないと言う事もとても大切です。

夜尿は叱っても治る物では有りません。むしろ、怒られる子供は常に緊張状態になってしまい、夜尿症が悪化してしまう可能性があるのです。

夜尿症になる子供は普段から叱られる事が多い子供や、神経質な子が多いと言われています。もし夜尿症がなかなか治らなくても怒らずに見守りましょう。

それと同時に、焦らないと言う事も大切です。いつになったら治るんだろうという焦りは子供にも伝わり、プレッシャーになってしまうでしょう。

プレッシャーからの緊張感から、夜尿症はどんどん改善から遠のいていきます。

もしこの様な緊張状態が続くと、例え夜尿症が改善したとしても夜にぐっすりと眠る事が出来ない状態になる可能性も有ります。

画像の説明

夜尿症は年齢と共に自然に改善する子供が多い病気です。焦らずにゆっくりと見守っていきましょう。