画像の説明

夜尿症はそもそも治療した方が良いものなのでしょうか?

画像の説明

日常生活を送るときに、どうしても外泊をしないといけないこともあります。そうした時に夜尿症があるとどうしても躊躇してしまう場面もあるでしょう。

自宅で生活する限りであれば、夜尿症対策の防水シーツなどを使用することで、ストレスは軽減することができます。ですが、外泊をするたびにそうしたグッズを持ち歩くことを考えると大変ですよね。ですので、出来るのなら治療をするにこしたことはないでしょう。

ただしまだ小さなお子さんの場合は自然と解消されていく可能性もあります。まだ小学校に入ったばかりで、頻度もそう多くないのであれば、生活習慣を少し見直してあげて様子を見るといいでしょう。夕食を出来るだけ早い時間に食べるようにしたり、夕食以降は水分を摂らせないようにしたり、塩分の強いものは食べさせないようにしたり、身体を冷えさせないようにするなどを行っていくと、改善できる可能性もあります。

どうしても薬物を使っての治療となると副作用も出てしまいますので、出来るのなら自力で改善していきたいものです。

しかし、自力で改善することが難しい年齢である場合は、漢方などを使うのも一つの手段です。漢方であれば、副作用を気にすることなく服用することができます。

漢方薬は個人差がありますので、専門の漢方医の方に処方してもらうといいですね。

大人の方の夜尿症の場合は、心因的なものが原因となることが多くあります。ですので、あまり夜尿症を解消しようと強く思ってしまわないようにすることも大切です。夜尿症の症状が出てしまうことがストレスとなり悪循環となってしまうからです。