夜尿症解決を自然治癒と治療による治癒で比較する

子供の夜尿症で悩む親御さんはとてもたくさんいらっしゃると言われています。夜尿症解決は自然治癒にまかせるべきか、専門医の指導のもとで治療を受けるべきか迷っている方も多いはずです。

この2つを比較した場合、どちらがよい解決法なのでしょうか?




夜尿症の原因は様々で、年齢が低い場合は身体の機能が未発達であることがほとんどのようです。よって、年齢がある程度大きくなると成長していくので、夜尿症も自然に治ることが多いと言われています。よって、5歳から小学生ぐらいまでの子供の夜尿症には自然治癒でもさしつかえないと言えるでしょう。


画像の説明

しかし、夜尿症の原因によっては治療が必要な場合もあります。例えば、膀胱や腎臓などの器官異常、睡眠時無呼吸症候群、心理的ストレスなどが原因となっている場合には、専門医のもとで治療を受ける必要があります。



また、できるだけ早く夜尿症を改善したいからと即効性があると言われる点鼻薬などを利用してしまうケースもあるようですが、副作用もあり、多尿が原因以外の場合にはあまり効果はないようです。

自然治癒にはとても時間がかかってしまうことから、薬などの治療を受ける人が多いようですが、まずは夜尿症の原因を検査などでよく調べてから、自然に治すのか治療を受けるのか医師に相談されることをおすすめします。

また、自然治癒や医師のもとで治療を受ける場合でも、どちらも家庭での水分制限やコミュニケーションの方法など改善の鍵となることは共通しているようですから、お子さんの状況に合わせて工夫をこらしながら改善されるとよいでしょう。