思春期夜尿症の治療

&size(18){子供の頃はおねしょをしてしまうと言う事は当たり前なのです
が、成長をしてくるとおねしょをしなくなるのが一般的です。};

ですが、何かしらの原因によって、思春期になっても夜尿症が無くならないと言う事もあります。

思春期になっても、夜尿症が解消されないということは抗利尿ホルモンや腎臓や膀胱の泌尿器に支障をきたしている、メンタルの成長が遅れている、脊髄に問題がある、ストレスや悩みを抱えてるなどと言った原因が考えられます。

いずれの原因に当てはまっているのかというのは、一般人が見ても分からないものです。

子供は、まだおねしょをしてしまっていることに対して強いストレスを感じてしまっていることが多いです。ですから、親御さんがきちんと子供と話をするようにして、病院に連れて行ってあげるようにしてください。

病院では、夜尿症になってしまっている原因を判明させるために、数日間、どれくらいの量、またはどれくらいの頻度で夜尿をしているのかを検査します。

また、血液検査をしたり、泌尿器の状態を検査したりして、どこかに異常がないかを調べます。

そして、その原因が分かったら、その原因に応じて夜尿症の治療を行っていくのです。

画像の説明

治療法として代表的なのは、薬物治療や生活環境の改善、行動療法が代表的です。原因や夜尿症の種類によって、治療法が異なっていますから、医師の指示通りの治療を行うようにしましょう。

思春期でホルモンバランスが崩れて、夜尿症になっているということもありますが、おねしょの回数が多いのであれば、早めに病院で診察を受けるのをお勧めします。