画像の説明

目ざめずに夜尿が続いている場合、目がさめるようにならないかぎり、治らないでしょうか?


画像の説明

目ざめなくても必ず治ります。

夜尿症の治療法の一つに、生活を見直すことによって、夜尿をしない環境を作っていくという治療法があります。

夜尿をしてしまう原因の一つとして、夕方から夜にかけて水分を多くとってしまい、寝ている間に尿が溜まってしまって夜尿を引き起こしてしまうというものがあります。

ですから、夜間に水分をあまり採らないようにして、寝ている時に尿が出ないようにするのです。

この方法であれば、目ざめなくても夜尿を治すことができます。

このような生活指導を受けながら、薬物療法で夜尿しにくい薬剤で夜尿を防いでいくようにすると効果をさらに高められるようになります。生活の改善を行っても、それなりに時間をかけながら体を適応させていかなくてはなりません。

ですから、薬物療法で抗利尿効果のある薬剤を服用し、寝ている間に夜尿をしないようにしていきましょう。

薬剤によって、の無料や飲むタイミングは当然違っていますから、医師に言われたタイミングで決められた量の薬を服用にするようにしてください。

人によっては、数か月程度は夜尿が改善されないと言う事もありますが、長い目で治療を行っていくことによって、目を覚まさなくても夜尿を治すことができるのです。

そのためにも、まずは病院で医師に診察を受けるようにして、自分の症状に適している治療法で治療を行うようにしていきましょう。