難治性夜尿症とは

画像の説明

難治性夜尿症とは、あまり尿が膀胱に溜まっていないのに、膀胱が耐え切れずおねしょをしてしまう病気となっています。

他にも夜尿症には、多尿型夜尿症や膀胱型夜尿症があるのですが、この二つの夜尿症は生活指導によって改善・解消することも可能となっているのですが、難治性夜尿症は、薬による治療や生活指導では改善をすることができないという特徴があります。

そもそも夜尿症というのは、ホルモンバランスが乱れていたり、自律神経が正常ではない状態が原因であることが多いです。

また、抗利尿ホルモンという、睡眠時には尿溜まりにくくなるホルモンが下垂体から分泌されているのですが、睡眠時にこの抗利尿ホルモンがきちんと分泌されていないことが原因になってしまっていることも多いです。

難治性夜尿症は、素人では判断をすることができません。

また、夜尿症でも、どの種類の夜尿症なのかを判断することはなおさらできません。

大人でも子供でも、頻繁におねしょをしてしまうのであれば、夜尿症の疑いがあるとして、泌尿器科で検査を受けるようにして、自分は夜尿症なのかを確認しましょう。

大人の方の場合、夜尿症ではないかと思っていても、大人にもなっておねしょをすることを人に知られるのは恥ずかしいと思って、病院で検査を受けることにためらいを感じている人も多いですが、特に難治性夜尿症は放置をしていても解消されることはないのですから、きちんと病院で検査を受けて、難易性夜尿症を治療しておくことを強くお勧めします。