画像の説明

子供だけではなく最近では大人の方でも悩んでいる人が多いと言われている夜尿症ですが、毎日の食生活でも改善することができるのでしょうか?


画像の説明

食べ物には体を冷やすものと温めるものがあると言われています。確かに、辛いものやしょうがなどを食べると身体がホカホカしたりすることがあります。身体の冷えが原因で夜尿症になるという場合も多いので、ぜひ身体を温め、夜尿症に効果があると言われる食材を積極的に摂取しましょう。

主な食材には、山芋、焼餅、くるみをすりつぶしてお湯とザラメを入れて飲むのもとても良いと言われています。

反対に、みかんやきゅうり、とうがん、大豆、はと麦、小豆などは利用作用が強く身体を冷やすと言われているので夕方以降はあまり摂取しないほうが良いでしょう。また、冷たいジュースやアイスクリームが好きな子供はおねしょをしやすいと言われていますから、ほどほどに与えるようにしましょう。

食事の時間と夜尿症にも密接な関係があると言われ、寝る時間の3~4時間前には夕食を済ませるようにすると良いと言われています。夕食が遅い場合や、夕食と就寝の間の時間が短い場合には夜尿症を起こしやすいようですから注意が必要です。

規則正しい食生活や身体を温める食材を使っての食事で、夜尿症を改善させましょう。また、手足やおなかが冷えないように、特に冬場はおねしょの回数が増えることが多いので、湯たんぽなどでふとんをあたためる工夫をされると良いでしょう。

また、夏場のクーラーもお部屋の冷やしすぎには十分に注意するようにしましょう。